立-Stand up-

30分遅れ朝のダイヤ
誰かが「ふざけんな」って思ってるこの雨も
今日だけは憎めなくて 何か意味があるように思えた 
5月7日

黒いネクタイを締めて 目的地まで俺たちの青春のアルバム 
フルボリュームで
どの歌でもイントロが 流れ出した瞬間に流れ出す 大涙

突然ブチ込まれた 君のいない世界の中
どう笑えばいいんだよ
思わず歌詞殴り書いた 描きたいのはこの涙
じゃなく君と僕の未来のほう

立 立 立
君の名前 空に放つよ
一緒に歌ってくれるよな その場所から その笑顔で
Stand up! Stand up!! Stand up!!!

君が呆気なく行っちまった
明くる日は今年最初の真夏日 5月なのに
賑やかなことが好きだった君からの 置き土産だな

白い花に包まれた 君の最後を見て思った
戦い抜いた勇者だ
痛かったろ?怖かったろ?その心細さの中でも
誰かの幸せを願ってたんだろ?

​立 立 立
君の名前 みんなで叫ぶよ
火葬場 白いケムリが 青空の中に溶けてゆく
バイバイは言わない 絶対

寂しくなんてさせないぜ

​立 立 立
君の名前 空に放つよ
君が好きだったROCKに乗せて この街から この夢から
Stand up! Stand up!! Stand up!!!

一緒に歌ってくれるよな その場所から その笑顔で
Stand up! Stand up!! Stand up!!!