女々

疲れきった下り電車 もたれかかったトビラにうつる
余裕ないあたしはブラウスの
襟の織り曲がりにも気付かないまま

駅ばさみの長いトンネルを
抜けた瞬間返信するメール

「あたしの事好き?」って  いつもあなたを困らせてばかりで
何から何まで知りたがる  尖り気味の親指

共通した価値観に惹かれて
大雑把な血液型で瓜二つ
それでも出し切れない本音があるあたしは
辻褄を執拗に探す 泣きながら

確認するように 身体同士で
抱き合って 満たされるあどけない愛

悲しくもなるし 不安にもなる
変わり始めのあたしの生活
そんな時 受話器越し聞こえるあなたの声に救われる

眠れない夜に敷くジオラマ  無重力でのキャスティング
あたしも あなたも 笑ってるね
素直になれない共和音

「あたしの事好き?」って いつもあなたを困らせてばかりで
何処から何処まで彷徨って  結局いけずしまい でも
あなたの事好きだよ
伝えきれずに 認め行く言葉は  紙一重