ミチヅレ

遠回りしたけど あったかいモノに出会えたよ
初めての僕がいる すべての隣には君

時計の針を戻したくなる そんな自分に今迷いなく手を振るよ

抱きしめられた時 その手に触れた時 口ずさんでくれる時 愛を知っていく
忘れられてなかったり 名を呼んでもらえたり 約束が増えるたび 愛を知っていくよ

会えなくなる日々を “退屈”“無意味”“不安”って思わないで
また笑って会うための 物語(ドラマ)に変えていくから

僕は君じゃないのに どうして 自分のことのように 思えてしまうよ

抱きしめようとして 派手に間違えたり 完璧じゃない僕も 全部知ってて
無理に笑わないで 涙も預けてよ 新しい ありのままの 君を知っていくよ

シンプルな言葉でも 繰り返していくうちに 意味が重なっていく
“ありがとう”

抱きしめ合える時 出逢い直せる時 サヨナラに濡れる時 愛が増えていく
その日が来るまで その場所に行くまで 信じていてくれ きっと連れて行く

君のために歌い続ける