オンボロプロペラ

海岸に集まる カモメとBreakfast
空の飛び方を 本気で尋ねてみる

休みは終わりだ この居心地に 
僕が似合ってしまう前に 街を出よう

「どうせ叶わねーや」 ってただ投げ捨てても
無い物ねだりの日々 繰り返してく事でMaybe
虚しくなる

オンボロプロペラで もう一度飛び立つよ
彷徨えば 彷徨う程 あてのない人生(たび)
つまづいた痛みも 「運命」と名付けに行く
夢見る程 強さに 近付く

どれだけの時間を 無駄にしたんだろう?
「無駄なものはない」って 多分そう言って欲しいだけ

僕らは決まって 甘えたがってんのさ
山積みのmistake 味わいながら知って行く
僕を背負う意味を

オンボロプロペラで もう一度飛び立つよ
「無駄だ」とか 「無駄じゃない」じゃなく 無駄に出来ないから 
自分以外の誰かで 自分をやり直せたらって
羨めば 羨む程 遠のくよ


慌てないで 決して
甘えないで 言い訳して
生きる意味 分からなくても 「無意味」ではない 

本当に飛べたら 何度だって君の場所へ
夢見る程 願いに 近付く

何度でも 何度でも
空へ