きみひとり(楽曲提供曲:鈴木康志)

声を聞かせて その声を
記憶の海を彷徨う
会いにいかせて 衰えを
知らない思いで溢れ出る

愛ってなんだろう?同じだったらいいな
君を抱いた日々 君を知った意味
忘れないよ じゃなく憶えてる

守らせて 守らせて
共には生きれなくても
愛させて 愛させて
心には きみひとり

雨が僕らを濡らす日は 
胸の内が顔に出る

もしかして君が 流しているんじゃないかって
的外れでもいい 喜んで濡れるよ
君のために 空を洗いたい

守らせて 守らせて
共には生きれなくても
愛させて 愛させて
心に迷いはない

守らせて 守らせて
共には生きれなくても

守らせて 守らせて
共には生きれなくても
愛させて 愛させて
心には きみひとり

その声が 思い過ごしでも
心にはきみひとり